By adachisachiko

累計25万部超えの大ロングセラー!

「波動」「直観」という生き方を人々に浸透させた必読書!

新しい時代の生き方のお手本になる1冊です。

直観に従い、宇宙と調和して生きること、

波動を上げる大切さの本質をとてもシンプルに教えてくれます。

あらゆる「スピリチュアル本」を読みつくしたかたでも

最後に手元に残しておきたい1冊です。!

「妹と私はほぼ同時期に宇宙の全ての現象が

波動の組合せで成立していることを直観し、

彼女はその波動をキャッチしてアートで表現することを、

そして私はそれを科学的(デジタル及アナログ的)に

情報を得て伝えることを互いに決心してスタートしました。」

・・・足立育朗
『波動の法則』著者であり、幸子氏の実兄。

この書籍は足立幸子さんが

「一番まとまった講演でした」と言っておられた

大阪での講演(1992年12月)を忠実に文章化したものです。

○波動をあげる三つの条件(本書より)

「《あらゆるこだわりを取り除く》ことですね。

お金に対する執着、物に対する執着など、

あらゆる〔こだわり〕をどんどん取り除いていくのです。

欲は、全部捨てる必要はないと思います。

これからの〔悟り〕は、昔のように欲を全部捨てて

仙人のようになるのとは違うと思うのです。」

「《行動に移す》ということです。

ただ頭で考えている方は、これからダメなのですね。

知識があって頭で考えているだけの方は、

これからどんどん時代の流れに置いていかれます。

とにかく「行動に移したり、表現する」ということが、

大変大事になってきます。

形に表わしたり、言葉に出すことも表現しているわけですね。」

「《深い部分の自分(神我・真我・本当の自分)が望んでいることをやる》ことです。

本当にやりたいことをしている人は、生き生きして輝いていますね。

《深い部分の自分》が本当に望んでいることを見つけますと、

波動はどんどんあがってしまいます。」

Show description

Read Online or Download arugamamaniikiru (Japanese Edition) PDF

Similar metaphysics books

Nicolas Malebranche: Freedom in an Occasionalist World (Continuum Studies in Philosophy)

Nicolas Malebranche (1638-1715) was once probably the most infamous and pious of Rene Descartes’ philosophical fans. A member of The Oratory, a Roman Catholic order based in 1611 to extend devotion to the Church and St. Augustine, Malebranche introduced jointly his Cartesianism and his Augustinianism in a rigorous theological-philosophical procedure.

Metaphysics: A Critical Translation with Kant's Elucidations, Selected Notes, and Related Materials

Alexander Baumgarten (1714-1762), an influential German thinker previous Immanuel Kant, is remembered customarily as a founding father of sleek aesthetics. but his guide on metaphysics was once one of many leader textbooks of philosophical guideline in latter 18th-Century Germany. initially released in Latin, Kant used the Metaphysics for almost 4 many years because the foundation for lectures on metaphysics, anthropology and faith.

Cannibal Metaphysics (Univocal)

The iconoclastic Brazilian anthropologist and theoretician Eduardo Viveiros de Castro, renowned in his self-discipline for supporting begin its “ontological turn,” deals a imaginative and prescient of anthropology as “the perform of the everlasting decolonization of notion. ” After exhibiting that Amazonian and different Amerindian teams inhabit a noticeably diversified conceptual universe than ours—in which nature and tradition, human and nonhuman, topic and item are conceived in phrases that opposite our own—he offers the case for anthropology because the examine of such “other” metaphysical schemes, and because the corresponding critique of the recommendations imposed on them by way of the human sciences.

The Abyss

Have you requested your self why people are forced to agree? Is it in our natural human nature to assemble in like-minded teams and segregate ourselves from others with distinct critiques? Why can we believe the necessity to name ourselves sturdy or correct, believing merely we have now an organization snatch of the reality, whereas we label these in contrast to us as undesirable or unsuitable?

Additional resources for arugamamaniikiru (Japanese Edition)

Example text

Download PDF sample

Rated 4.74 of 5 – based on 15 votes